【ニッセイ基礎研究所】携帯位置情報データによる街のミクストユース(Mixed-use)の評価
人流調査レポート

ニッセイ基礎研究所の研究領域レポートにて、KDDI Location Analyzerを活用したレポートが掲載されました。

★レポートはこちらよりご覧いただけます。

「KDDI Location Analyzer(以下KLA)」の携帯位置情報データをもとに、
2019年のJR山手線29駅周辺エリアの滞在人口に占める居住者・勤務者・来街者の比率を比較し、
相対的な偏りをもとに各駅の特性を「Work中心」、「Live中心」、「Play中心」、「バランス型」、「その他」に分類。
ミクストユースの特性に着目して、コロナ禍における滞在人口の変化を分析した。

携帯位置情報データによる街のミクストユース(Mixed-use)の評価 (1)
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=73057?site=nli

携帯位置情報データによる街のミクストユース(Mixed-use)の評価 (2)
https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=73376?site=nli

icon 調査レポート一覧へ戻る

無料トライアルはこちら
KDDI Location Analyzerを無料で2週間お試しいただけます。
通信キャリアの持つGPS位置情報ビッグデータを活用した商圏分析をご体験いただけます。お気軽にお申し込みください。

お申し込みはこちら

無料トライアルはこちら