店舗にお客様を誘導する屋外看板を設置したい。
業界別活用シーン(広告代理店)

来店誘導のためのエリア販促における活用

既存店舗への来店誘導のためのエリア販促において、折込チラシやポスティングなどの販促ROI(費用対効果)を最適化するのに活用します。

実際に来店されているエリアを抽出し、エリアと店舗の距離を勘案しながらどのエリアに販促媒体を投下し、どのエリアに投下しないのかを定義します。

来訪者居住地分析

販促エリアの最適化

従来の人口統計データのみでの販促エリア分析では、ターゲットが多い町丁目へ販促媒体を投下するというエリア定義でした。しかしながらそのやり方ですと、市場シェアが低いところへの販促が手薄になる可能性があります。

画像では、駅の反対側となる店舗南側や、競合店舗のある店舗西側からの集客率が高くないことを示しています。店舗へ来訪したという実績データと組み合わせることによって、本来必要な販促エリアを浮き彫りにします。

店舗から半径1km圏内かつ、人口に占める来店者率が低い町丁目

競合の集客エリアを把握し、競合対策として重点的に販促すべきエリアを定義

施設来訪者の居住地情報を3地点まで同時に表示します。

店舗勢力圏を可視化し、併用者のいる地域のみを地図上に可視化できます(画像1)。併用者数・併用率を可視化することで、競合対策として重点的に販促すべきエリアが定義できます(画像2)。

店舗勢力圏を可視化

▲画像1

併用者数・併用率を可視化

▲画像2

商品販促イベントを実施する場所の検討

クライアント様に対し、商業施設内での商品販促イベントを提案するケースにおいても、エビデンスのある提案や、イベントの効果測定が容易に行えます。
施設A、施設B、施設Cの3施設がイベント開催場所の候補にあがったとして、それぞれの施設の特徴をKDDI Location Analyzerで分析してみると、来訪者数と来訪者層を右図のように確認することができます。

  • 施設Aは来訪者数が多く、シニア層に強い
  • 施設Bは若年層に強い
  • 施設Cはニューファミリー層に強い

この情報に基づき、それぞれの年代層に向けた販促イベントの提案が可能となります。そのうえ、データは直近数日前まで取得ができるため、開催したイベントの効果測定にもご活用いただけます。

それぞれの施設の特徴を分析

TGからの導線を知り適切な店舗誘導施策を実行

駅や大型商業施設や交差点など、人の流れの発生源、いわゆるTG(トラフィックジェネレーター)から、店舗への導線を知ることによって、適切な来店誘導施策を実行します。

  • 駅前でのチラシ配布の実施場所の選定
  • 屋外広告看板の設置
TGからの導線

icon 活用シーン一覧へ戻る

無料トライアルはこちら
KDDI Location Analyzerを無料で2週間お試しいただけます。
通信キャリアの持つGPS位置情報ビッグデータを活用した商圏分析をご体験いただけます。お気軽にお申し込みください。

お申し込みはこちら

無料トライアルはこちら