取引先店舗を適切に評価し、最適な品揃えを計画したい。
業界別活用シーン(メーカー・卸売業)

時間帯別の集客状況を把握し、売場コンセプトを立案する

来店者数を時間帯別に知り、店舗ごとの施策立案に活用します。
画像は、同一チェーン2店舗の時間帯別来訪者推移です。店舗によってピーク時間帯が異なることが分かります。

来店者が多い時間帯の販売機会ロスを防ぐため店員シフトを調整したり、夕方の時間帯には会社帰りの人の夕食を狙ってレジ前に惣菜を用意するなど、店舗のタイプによって様々な施策立案に役立てます。

来店者傾向別店舗タイプ

取引先リストを作成

お取引先店舗の来訪者層や商圏特性は、店舗ごとに異なります。
また、オフィスビル内の商店や自動販売機へ提案する際に、ビル来訪者層のデータが必要になることがあります。

拡張集計機能(オプション)を用いることで、複数の場所の来訪者数データを同じ条件で一括集計しファイルに出力することができ、営業効率の向上や来訪者ニーズに合致した提案が期待できます。
別途分析ツールを用意することで、相関分析・クラスター分析・重回帰分析も可能になります。

取引先リスト

icon 活用シーン一覧へ戻る

無料トライアルはこちら
KDDI Location Analyzerを無料で2週間お試しいただけます。
通信キャリアの持つGPS位置情報ビッグデータを活用した商圏分析をご体験いただけます。お気軽にお申し込みください。

お申し込みはこちら

無料トライアルはこちら