資料請求・お問い合わせ

icon 景況評価にオルタナティブデータを活用したい。
用途別活用シーン(景況分析)

景況把握のために流動人口データを活用

工場の稼働状況を推測するために、工場周辺の滞在人口を計測するケースがあります。周辺滞在人口が増加した場合は生産増加が見込まれる、ひいては業績向上の予兆だととらえることもできます。

個別企業による業績予測発表や、政府発表の景気指数などは、調査から発表までに最大数か月のラグがあります。KDDI Location Analyzerでは直近数日前までの全国分のデータを確認できるため、より早く景気動向を推測することが可能です。

スマホ位置情報で工場稼働状況を推定

個別企業の業績予測

個別企業の業績予測にオルタナティブデータを活用するケースも増えてきています。
画像は、ある遊園地の2019年1月-2020年12月の日次の来訪者推移です。人出推移と売上・業績には高い相関があると思われ、業績予測への活用が期待できます。

来訪者居住地分析

icon 活用シーン一覧へ戻る

無料トライアルキャンペーン実施中
KDDI Location Analyzerを無料で2週間お試しいただけます。
通信キャリアの持つGPS位置情報ビッグデータを活用した商圏分析をご体験いただけます。お気軽にお申し込みください。

お申し込みはこちら