資料請求・お問い合わせ

icon 売上予測モデルを構築し、精度を上げたい。
業界別活用シーン(小売)

重回帰モデル作成時の説明変数として来店者数を採用する

チェーン店舗の新規出店時の商圏分析において、売上予測というテーマがあります。重回帰モデルによる売上予測において、既存店の商圏人口という変数だけではなく、実際の来店者数を投入することで、モデルの予測精度が向上します。

重回帰モデル

【重回帰モデルのイメージ】

相関係数の向上に寄与

チェーン企業の店舗売上と店舗商圏データとの相関関係を読み解き、売上予測に活用します。
図はチェーン企業の売上と商圏データとの相関係数です。単純な商圏人口との相関係数は0.43と高くはないですが、エリア来訪者数を投入すると0.58と劇的に向上します。

相関係数の向上

通行量(歩行者・自動車)の測定

従来、実地調査で取得するしかなかった通行量情報を平日、休日別、時間帯別に計測可能。
通行量は路面店舗、ロードサイド店舗等、店舗売上を左右する重要な要因であり、これらの情報を重回帰分析の説明変数に投入することで売上予測モデルの精度を向上させます。

通行量の測定

icon 活用シーン一覧へ戻る