資料請求・お問い合わせ

icon 顧客獲得効率の良い販促エリアを定義したい。
用途活用シーン(エリア販促)

来店誘導のためのエリア販促における活用

既存店舗への来店誘導のためのエリア販促において、折込チラシやポスティングなどの販促ROI(費用対効果)を最適化するのに活用します
実際に来店されているエリアを抽出し、エリアと店舗の距離を勘案しながらどのエリアに販促媒体を投下し、どのエリアに投下しないのかを定義します。

※本分析を実現する機能は2019年秋頃リリース予定です。

エリア販促における活用

販促エリアの最適化

従来の人口統計データのみでの販促エリア分析では、ターゲットが多い町丁目へ販促媒体を投下するというエリア定義でした。しかしながらそのやり方ですと、図のように市場シェアが低いところへの販促が手薄になる可能性があります。店舗へ来訪したという実績データと組み合わせることによって、本来必要な販促エリアを浮き彫りにします。

※本分析を実現する機能は2019年秋頃リリース予定です。

来店者数 居住人口 市場シェア
A丁目 100人 300人 30%
B丁目 50人 100人 25%

icon 活用シーン一覧へ戻る